定期借地か定期借家か そのメリット・デメリット

定期借家制度の概要

この制度は

  1. 1.契約期間で借家権が消滅すること、それ故に明渡しを求める際に立退料が不要である
  2. 2.賃料増減額請求権の排除が可能である
  3. 3.従来の民法および借地借家法による建物賃貸借契約の期間制限を取り除く

など画期的な内容が盛り込まれています。
また、住宅にも事業用ビルにも用いることができるなど建物の用途を問いません。

そして、

  1. 4.一定の居住用の貸家等を除けば定期借家制度で賃貸する間においては、賃貸契約を借家人から中途解約することを制限する

こともできます。


さらに、賃料増減請求権の規定を適用しないこととする特約を結べば契約期間中の賃料は定められた賃料によることとなり、これにより賃貸事業の将来収益が予測可能になりますので、投資家が利回りを適切に把握できるようになり不動産の流動化・証券化にも役立ちます。


もし、きちっと期限がくれば明け渡してもらえるということが担保されるのであれば、もっと良質な借家がより多く供給されることになると予想され、その結果、善良な借家人には得になる制度で、みんなが納得し、「百利あって一害なし」といえます。

定期借家契約とするための適用要件(書面による契約と説明義務)

期間の定めがある建物の賃貸借をする場合においては、公正証書による等書面によって契約をするときに限り、契約の更新がないこととする旨を定めることができるとしています。

また、定期借家制度で建物の賃貸借をしようとするときは、建物の賃借人は、あらかじめ、建物の賃借人に対し、建物の賃貸借は契約の更新はなく、期間の満了により当該建物の賃貸借は終了することについて、その旨を記載した書面を交付して説明しなければならないとされています。

建物の賃貸人がその旨の書面の交付や説明をしなかったときは、契約の更新がないこととする旨の定めは無効とすることとしています。


増収増益


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

増収増益フリーダイヤル
杉浦経営会計事務所

税理士法人杉浦経営会計事務所

営業時間8:30~21:00

(土日除く)

営業日

当社カレンダーによる

 

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
TEL:0587-23-3100
FAX:0587-23-2558

カウンター

サイトNo.3

2018.9.26