高齢者を拒まぬ賃貸住宅

高齢者は賃貸住宅に入居しようとしても、大家に敬遠されがちと言われます。
公的な制度の後押しで入居が容易な物件があることを知っておくと便利です。


具体的には…

  1. ① 高齢者の入居を拒まない賃貸住宅である「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」
  2. ② 高円賃のうち、もっぱら高齢者世帯のみを対象とした「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」
  3. ③ 国や自治体が建設費などを補助する「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」

などがあります。


入居者が家賃を滞納した場合に高齢者住宅財団が家賃の支払いを立て替える制度(家賃債務保証制度)があり、大家がこうした物件を提供しやすくなっています。

高優賃に関しては、入居者が低所得者の場合、家賃補助を受けられる場合もありますし、バリアフリーなどの条件も満たしています。


高円賃の登録戸数は18万戸強。自分の住んでいる地域にも見つかりそうですね。

それぞれの対象物件は、高齢者住宅財団のホームページhttp://www.koujuuzai.or.jp/)や、自治体の窓口などで閲覧できます。

高齢者向けの住まい・施設の様々なタイプ

  ←←健康・自立--身体の状況--介護が必要→→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護付き優良老人ホーム
ホームに介護職員がおり、介護サービスを受けることができる。
健康な時から入居するタイプ、要介護状態になってから入るタイプがある。
住宅型有料老人ホーム
食事や見守りは付くが、介護サービスは外部の事業者を利用するタイプ。(グループリビングなどはここに分類されるものも)
高齢者専用賃貸住宅(高専賃)
高齢者の入居を拒まない賃貸住宅として都道府県に登録された住宅。一部に介護サービスが付いているところもある。(グループリビングなどはここに分類されるものも)
高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)
バリアフリー化し、緊急対応サービスが付いた賃貸住宅で、収入に応じた家賃補助がある。一部に介護サービス付きのものも。
ケアハウス
身の回りのことができる人の入居が基本で、食事などのサービスが付いてくる。一部介護サービス付きのものも。
シルバーハウジング
設備・仕様が高齢者向けの公的な賃貸住宅。
生活援助員が安否確認や生活相談に応じる。
グループホーム(認知症対応型共同生活介護)
少人数で家庭的な共同生活を送り、認知症の進行を遅らせる。
介護保険3施設
1.特別養護老人ホーム
常時介護が必要な人に対して、生活全般にわたる介護サービスを提供
2.老人保健施設
病院と住まいの中間施設でリハビリなど実施
3.介護療養型医療施設
長期療養の老人病院、将来は減少へ…


増収増益


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

増収増益フリーダイヤル
杉浦経営会計事務所

税理士法人杉浦経営会計事務所

営業時間8:30~21:00

(土日除く)

営業日

当社カレンダーによる

 

〒492-8139
愛知県稲沢市国府宮
神田町45番
TEL:0587-23-3100
FAX:0587-23-2558

カウンター

サイトNo.3

2018.11.6